その洋服、年齢に合っていないかも!?年齢に合う洋服を選ぶ

服のどこに気をつけるべきか?

服に年齢がある場合、デザインやサイズの仕上がりが着る人の年齢を感じさせます。たとえば小柄な10代だとしても、子供服を選ぶと似合わない印象を与えます。シンプルなMサイズのブラウスだとしても、服そのものが特定の年齢の人のために作られていれば、そこから外れる人たちには似合いません。
色やサイズやデザインに年齢がない服は、細部の仕上がりの寸法に気をつけます。たとえば衿ぐりの広さを変えるだけで服の対象年齢も変わります。
白、オフホワイト、グレー、チャコールグレー、黒などの無彩色は、明度を変えることで年齢に合うコーディネートができます。
水玉やチェックなどの基本の柄も、大きさや配置、配色を変えることですべての年齢に似合います。

服と着る人の意識の問題

あるアンケートによると、多くの人が年齢によって似合わない服があると感じていて、実際に買うのを断念した経験を持っていました。色でいうとピンクやイエロー、赤などのはっきりした色は似合わず、黒や年齢を感じにくいネイビー、グレーなどの落ち着いた色は安心だと考えています。柄ではヒョウ柄や小花など、アニマル柄や可愛い印象のある柄に抵抗があるようです。

他人の服に対して似合わないと感じたことがある人の数も多く、理由は「子供っぽい」「露出が多い」などの意見が上位でした。
ところが「誰の印象を一番気にするのか」に対する答えは、「自分自身が納得できればよい」が多数を占め、人からの印象よりも自分が納得することを第一に考えていることがわかっています。